夢八のこだわり

先代店主の言葉
「富山の地魚にこだわりたい」

本人はこだわっているつもりはなく、普通のつもりでやっていることを、他人様がごらんになると、こだわっているとお感じになるのが、本当の「こだわり」だと存じます。
だから、「こだわり」って言うものは自分で声、高々に言うものじゃない、ただ、自分の店を始める時、地魚にこだわろうと、心に誓ったのは確かなことです。

私がこの道に係わったのは、高校を卒業し、上京して、一年余りたった頃、寿司屋にアルバイトとして入店したときからです。
入店の動機も、今、考えるといい加減なものでございまして、賄いに寿しでも食べさせてもらえるんじゃないかと、その程度のものでした。そのうちに魚を触ることが楽しくなっちゃって、本業にしたわけでして、人生とは面白いもんだなあとつくづく思います。

富山に帰ってから、何軒かの店を寿し職人として勤めたのですが、その時に自分の生まれ育った富山がなんと食材に恵まれたところだろうと実感したわけです。魚よし、米よし、水よし、お酒よし、こんなところはどこを探してもちょっとない、これを大事にしなくてなんとしよう、心に深く誓ったわけで・・・。  
その日にあがった一番の魚を、自分で浜まで行って仕入れる、これが出来なくなったら、寿司屋をやめる時だと思っています。
寿し職人なんてえのは職業だと考えてやるもんじゃない、寿し職人と言う生き様を自分は選んだと、そう考えております。
その生き様をご支持いただけるお客様がいらっしゃるかぎり、命、あるかぎり続けたい、それが私の思いです。


この様な先代の思いを、今も引き継いで商いをやらせていただいてます。

「大将のおすすめはなんですか?」
よく、お客様から、「今日のおすすめは?」とか「大将のおすすめは?」と聞かれることがあるんですが、本当に途惑ってしまうんです。
「お客様のお好きなものは何でしょうか?」
いつもこう尋ね返して、自分はなんて、商売が下手なんだろうと思っています。
でも、嫌いなものをすすめてもしょうがないですし、また、たいていの場合、結局、自分のお好きなものを注文なさることがほとんどです。 
仕入れの時、お客様におすすめ出来ない魚は買いません。また、ネタケースにも入れません。その辺を、是非、ご理解いただきたいと思います。
「季節のものは?」
「白身は何がありますか?」

このような質問には喜びいさんで答えさせていただきます。
なにとぞ、よろしくお願いいたします。
 
吟醸酒「夢八」 オリジナル日本酒「夢八」とは?
当店がプロデュースして、富山市内の酒蔵「富美菊酒造株式会社」に特別に造っていただいている本醸造、山廃仕込の日本酒です。
お寿司やお料理の味を邪魔しないように仕上げてあり、まさに日本海仕様です。ぜひ一度ご賞味下さい。
日本酒「夢八」
仕様米:五百万石
酵 母:協会九号酵母
日本酒度:+3
アルコール度:15〜16 度
 
本醸造 米、米麹に少量の醸造用アルコールを加え、コクとキレという矛盾する要素をまろやかに包み込んだマイルドさが特徴のお酒です。
山廃仕込 昔ながらの酒作り、伝統による酒母づくりをしたお酒です。
使用酵母は協会9号、アルコール度数15.6、旨口で押しのあるのどごしが特徴です。
企画元 レモンハウスエンタプライズ有限会社 醸造元 富美菊酒造株式会社
発売元 株式会社 寿屋    
Copyright (C) 2006 yumehachi All Rights Reserved.